2008/11/24

2008/11/24のダメ人間模様

「新蕎麦を堪能するばかりか新雪まで堪能(死ぬかと思った)」

キレのある味と口の中から鼻腔に抜ける芳醇な香り。
ツルっと喉を滑り落ち、気がつけば箸は止まらず。
いつも秋になると思いが馳せる。新蕎麦。
今年も11月になってからというもの常に頭からその事が離れず、
ようやく本日になって行く事が出来た。

栃木の山奥にあるその店はとても評判が良く、
時間帯を狙って行かなければ30分待ちは覚悟しなければならない。
天気は今ひとつだったが、おかげで交通量も減り、
かえってスムーズに移動が出来た。
狙いどおりの時間に到着。おぉ、客も疎らで好都合。

時待たずして運ばれて来る五合ほどの新蕎麦と辛めのつゆ。
ガッツリと食べごたえのある大きな野菜の天麸羅。
楽しみにしていた鴨汁は残念ながら売り切れ。
そこで暖かいキノコつけ汁を追加注文。これがまた美味。
日本人である事を賛じつつ、極上の新蕎麦を胃に流し込む。
友人と二人、都合一升の新蕎麦が半時と経たず消え失せる。

でっぷりと腹に仕込んだ蕎麦を消化するには、
静かにゆったりと寛げる椅子と暖かい珈琲が必要だ。
夜は静かに更けゆくが帰るにはまだ早い。
ひと山越えて群馬に赴き、美味しい珈琲を喫す事にした。

友人:「やっぱ雨だとクルマも疎らだね。」
オレ:「良い感じ。この山道入ってから一回もすれ違ってない。」
友人:「しかし雨足が強まって来たね。雨粒デカ!」
オレ:「あぁ、ハイビームにするとヘッドライトの光が反射するから。」
友人:「。。。雨、、、か?これ。。。」
オレ:「。。。と言うと?」
友人:「雪じゃね?」
オレ:「いやいやいや。今年は早いらしいがまだ11月だし。」
友人:「クルマの屋根に当たるカンカン言う雨音がしなくなったよ?」
オレ:「。。。あぁ確かに。カンカンでなく、サクサク言う感じ?」
友人:「にしてはバンバン降ってない?見た感じ。」
オレ:「そーねぇ。道もうっすら白ーく色づいてる気が。。。」

。。。ん?
。。。ん?
。。。ん?

--
しばしの沈黙の後、突然後輪がズルっと滑り出す。
--


友人&オレ:「雪だー!雪だこれーー!」


三十路越えした珍獣二匹、車内で大パニック。
これでもかというくらい「ヤッベー」連呼。大声出しまくり。

オレ:「ヤッベー!誰もこの道通ってねー!新雪てんこもり!」
友人:「タイヤは!?スノータイヤよな!?」
オレ:「んなわきゃねーぢゃん!夏タイヤ以外履いた事ねー!」
友人:「ヤッベーぢゃん!すべってんぢゃん!」
オレ:「ヤッベー!すっげー降ってるし!どんどん雪深くなってるし!」
友人:「群馬はあきらめろ!!どうせスパゲティなんか腹一杯で喰えねぇって!」
オレ:「いや、群馬のスパゲティはハンパ無く美味いんで別腹だが。」
友人:「別な所で冷静になってんじゃねぇ!早く引き返せ!」

急勾配の山道、ズルズルとクルマが滑べり落ちる恐怖、
そんな極限状態に耐えながら必死の思いで転回し、
来た道をひたすらゆっくり、ただひたすらゆっくり戻る。
ようやくたどり着いた街道沿い。
吸い寄せられる様に入ったモスバーガー。
薄い珈琲を震えながらすする。命ある事を実感しながら。

「栃木の山道さバカにすんでねぞ。」
明日、良い天気になりますように。

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home